野心のすすめ

少し前になるけど、林真理子さんの『野心のすすめ』を読みました。
野心を持とうというテーマ自体はよくわかるしなるほどなぁと。
ただなんでしょう、あまりにも浮世離れしてるんじゃないかと感じる部分も多々ありでした。

共感したのは…
これくらいでいいやと思うとそこで成長がとまってしまうとか。
結婚しても子どもがいても仕事を続けた方がいいとか。

それは違うなと思った中でも一番違和感があったのは結婚をすすめてるところかな。
ご自身の経験で結婚してよかったと思ってすすめているんだろうけど、必ずしも結婚すればいいことが待っているわけじゃないし。
わたしのように結婚向きじゃない人もいるし。
結婚しないという選択肢もあるんだけどなぁと。

結婚でも何でも向き不向きがあるんじゃないかな。
自分に関していえばやっぱり結婚向きではなかったんですよね。
ときどき「いや、たまたま相手が悪かったんじゃない?」と言ってくれる人もいるけど、やはり2度も失敗するということはこちらにも問題があるんです、きっと。

結婚より恋愛向きな人がいたっていいじゃない。
大切なのは結婚することじゃなくて、誰かを愛することでもっと言えばその人から愛されたらこれ以上のしあわせはないと言っても過言ではないかと。
「愛し合ってるかい」って忌野清志郎さんはいつも言ってたけど、わたしは「愛し合ってます」と言える生き方をしたいのです。

f0156720_14423961.jpg

画像はお借りしました。
ありがとうございます。
[PR]
by aco-007 | 2015-05-03 18:56 | 読書 | Comments(0)

今をたいせつに 口角上げていきましょう


by あこ
プロフィールを見る
画像一覧