<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

暑い季節のカレー

f0156720_11172575.jpg

外で食べるスパイスたっぷり効いたカレーも好きだけど、家のなんの変哲もないカレーが好き。
母がよく作ってくれたみたいな昔ながらの懐かしい味。
野菜も大きいのがごろごろ。
おいしくてつい食べ過ぎてしまう!

ひさしぶりに自分のつくったものを家族以外のひとに食べてもらったけど好評でした。
ま、煮込み系は鍋がなんとかしてくれるんですけどねー。

ひとり暮らしをはじめるときに買うと決めていたのはストウブ♪
このコとっても優秀なので、もうひとつほしいなぁと検討中です。
お値段以上の価値はあるんじゃないかと。
置き場所がないので、あまりモノは増やしたくないんだけど…ほしいなぁ。

カレーを作るときは毎回少なめに!って作り出すのに、なぜか??鍋いっぱいになってしまいます。
とんでもない暑さだけど、しっかり食べて水分とっていきましょう(o^^o)
[PR]
by aco-007 | 2014-07-26 10:48 | | Comments(0)

半年

母がいなくなって半年がたちました。
もちろん頭では理解しているけれど、確かにそこにいたひとがいないんだなぁって不思議に思うこともあります。
それから、いまでもふいに悲しみが押し寄せてきて涙がでてしまいます。

こんなこと言ってたなぁとか優しくほほえんでいた表情を思い出すとたまらないですね。
だけど、母はわたしの中に確かに存在しているのです。
この半年は、当然ながらこれまで経験したことのない日々でした。
毎日、母に話しかけたりめそめそしたり。

まだ母の意識がはっきりしていたころ、不安でいっぱいだったわたしは母に「お母さんがいなくなったら、わたしはどうすればいいのかな」と問いかけたことがあります。
すると母は「あこのことは何にも心配してないねん」と。

そんなことは決してなかったと思うのです。
こんな出来の悪い娘なんだから、 本当はさぞや心配もあったことでしょう。
それなのに母は全面的にわたしを信頼してくれている…その強い思いが伝わってきました。
この先、母がいなくなっても下手な生き方はできないなって。

どうすればいいのかな、っていまも母に問いかけています。
母ならわたしがどう生きることを望んでいるだろう。
多分「あこの生きたいように生きればいい」って言ってくれるんじゃないかな。

いまのわたしを見たら母はなんて言うかな。
誇れるものも特別なものもないけど…母に恥ずかしくない生きかたはしたいな。

ひとりの時間も好きなひととの時間も楽しんでいるよ。
見守っていてくれてありがとう。
[PR]
by aco-007 | 2014-07-17 21:17 | 気持ち

仕事が好き

この本いいよ、と薦められたときはできるだけ読むようにしています。
もともと本が好きというのもあるし、すすめてくれた人も理解できるといいなという思いもあり。

先日、仕事関係の人が薦めていた本が気になっていたので読んでみました。
仕事が特定されてしまうので、題名や内容は記載できないのですが。
自分自身がその業務について直接携わることがないので、とても興味深い内容でした。

まだ読んでいる途中だったけどその人に「読んでいます」と伝えたら、思いのほかよろこんでくれました。
確かにわたしも本に限らず自分がいいと思ったものを試してくれたり気に入ってくれたりすると本当にうれしいので、なんとなくわかります。
その本の話をしているとその人は「自分はこの仕事が好きなんです」と言われて。
やっぱり!と思いました。
仕事に対する向き合い方はそれぞれだけど、好きというのが一番にあるんだろうなという人はなんとなくですが、仕事への取り組みをみているとわかります。

わたし自身も違う業務ではあるけれど、仕事が好きという気持ちがあります。
まぁでも母がなくなったときは、仕事は何のため?という思いもありました。
いまも時々ふとそんな気持ちになるときもあるけど、好きだからきっと続けていくんだろうな。
[PR]
by aco-007 | 2014-07-12 19:52 | 読書 | Comments(0)

直感

直感【ちょっかん】
[名](スル)推理・考察などによるのでなく、感覚によって物事をとらえること。「―が働く」「将来結ばれる運命であることを―した」


40代のひとり暮らし、かなり楽しんでおります。
20代から30代にかけてひとり暮らしの経験はあるんだけど、そのときとは全然違います。
金銭面もそうだけど、なにより気持ちに余裕があるから。

若いときはひとりを楽しむ余裕なんてほんとなかったからなぁ。
まあでも、あの経験があっていまがあるんですよね。
人生っていろいろあって面白いです。

このひとり暮らしも最初は慣れないことが多かったり、家でひとりだと気持ちが沈んでしまいそうでこわくてなるべく外に出る用事を作ったりしていました。
母のことを想うとついめそめそして止まらなくなるし…。

すこしずつです。
ときどき立ち止まってしまっても、すこしずつね。

自分のいいところもよくないところも受け容れられるようになってくると、周りにも変化があるのですね。
そして一番驚いたのが自分の直感。
ちいさなころからわりと自分の直感を信じて行動してきたのだけれど、おとなになりあれやこれやがあって直感が信じられなくなり、迷いが生じるようになったのです。

母がいなくなって、その感覚が戻ってきたのかな。
自分の直感を信じて行動すると迷いもないし、もし間違っても自分で決めたことだから大丈夫って思える。
ただの勘違いかもだけど…勘違いもずっと続けば本当になるかしら!?

そのとき目には見えないけど、確かに何かがあったんですよね。
「どうして?何があったの」とたずねられてもあの感覚はうまく説明できないんだけど…。
今はこの直感を信じます♡♡
[PR]
by aco-007 | 2014-07-01 22:46 | 気持ち | Comments(0)

来たるべき日々を余すとこなく見据えたいんだ


by あこ
プロフィールを見る
画像一覧