日々のあわ acococoa2.exblog.jp

来たるべき日々を余すとこなく見据えたいんだ


by あこ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

そっくりさん



『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』観てきました。
いやーメリル・ストリープすごいです、激似です!!

ストーリーはどうだろう。。
もう少しサッチャーさんの人間像を深く掘り下げてもよかった気がします。
話の流れもやや説明不足な感じがしました。

夫となる人と出会ったときのエピソードはよかったです♪
というより若いころの夫役の役者さんステキでした(^^)

どうしたってメリルさんすごいなぁという感想になっちゃいますね、やっぱり。
映画館でふと思ったのだけど、リアルタイムでサッチャー首相を知らない人も多いんでしょうね(汗
[PR]
by aco-007 | 2012-03-27 20:50 | 映画

神戸な日

f0156720_14172979.jpg


神戸に行くとたいがいここでお茶します。
いつもはポットティーなんだけど、今回は時間の都合上チャイにしました☆

この日は平日だったのですんなり入れましたが、休日は人がわんさかいて入れないことも。
以前はもう少し隠れ家的な存在だったんだけどなぁ。
いまやすっかり有名店です。

途中初々しいカップルが入ってきて、男の子が「いつもはすごい人なんよ」と説明していて、
女の子は「そうなんですかぁ」と嬉しそうににこにこしてた。
敬語なあたりがいいね。語尾の“かぁ”が上がっているのもいいね。

まだ付きあってはいないんだけど、お互い好意があるに違いないきらきらした感じ。
いいね~。まぶしいぞ~(^^)
恋なんてカミナリ避けらんないってせっちゃんも歌ってるからね♪

そう、せっちゃんの神戸公演に行ってきたのです★←むりやりですね
今回のツアー、わたしが参戦できるのはこれが最後でちょっと寂しかったです。

※以下ネタバレが含まれています。
これからツアー参戦の方はご注意ください!!


今回もいろんなサプライズがあって楽しませてもらいました♪
ツアーも終盤でせっちゃん声がつらそうだったけど。
そりゃあ疲れもでますよね。

寸劇(?)は地元ネタでなく、季節ネタでしたね~。
えっ、ユーミン!?って(笑)
この時の会場の盛り上がりもさることながら、せっちゃんの反応が面白かったです。

わたしの中の一番のサプライズは『決断の日』を歌ってくれたこと。
ちょっとびっくりでした。



せっちゃんつながりのお友達が好きな曲に挙げていたので、最近よく聴いていたのです。
残念ながらその友達は神戸に来れなかったけど。。

「靴屋の主人は家族をいつも裸足で歩かせる」
というのはなんとも深いですね。

あーこれでしばらくせっちゃんに会えないなんて(涙)
早く次のツアー始まって欲しいなぁ…って気が早すぎ(^^;;
[PR]
by aco-007 | 2012-03-24 21:08 | 音楽

ご縁のはなし

以前美容師さんのこと投稿したのですが →
わたしにとってこの方が今まで髪を切ってくれた人の中で断トツ忘れられない人なのです。
美容師という意識の高さや、その人の雰囲気や人柄もいいなぁと思える人でした。
イケメンじゃないし、カリスマなんとかでもないけど。

こないだとある雑誌を購入したところ、美容室特集の中でUさんという見覚えのある
お名前を発見しまして。。

忘れられない美容師Hさんが辞めるときにハガキを送ってくれて、
「次お店に行ったらUさんという女の人に切ってもらってくださいね。若いけどやりますから」と
書いてあったのですが。
その記事によるとUさんがパートナーの方と独立されたとのこと。

なんとも感慨深く時の流れを感じました。
わたしも歳を取るわけやね(^^;

当時わたしはHさんが辞めたショックでUさんに切ってもらいに行かなかったのです(><)
Uさんのお店のHPをのぞいてみると、ブログの中にあのHさんが登場してるではありませんか!
Hさんが来阪したとき、お店に立ち寄られたとのこと。
仕事を始めたときからの大切な先輩だと紹介されていました。
ちょっと感動。。

ご縁は続くのですね。
わたしが滅多に買わない雑誌を買ったのもすごいなぁって。
今度Uさんのお店に行ってみようかな♪
[PR]
by aco-007 | 2012-03-24 20:23 | 気持ち

まっかなハート

f0156720_12243418.jpg



先月東京へ遊びに行った時、義姉に連れて行ってもらったスパで担当してくださった方が
とてもかわいい赤いハートのネックレスをしていたのです053.gif

かわいいなぁ、若いから似合うんだろうなぁ。
なんて思っていたけど、あれからアクセサリー売り場へ行っても赤いハートばかり目がいくのです。
気になりだすととまらないっ!!
41歳にはかわいすぎる、のは承知の上でお持ち帰りしました♪

写真だと朱色っぽく写っちゃってますが、実物はもっと赤です。
まっかなハート、これサンゴなんです。
ガーネットでも探してみたんですけど、デザイン的にもこれが一番しっくりきたんですよね。

お店の方によるとこれはチェーンも細いので、子どもっぽくならないとのこと。
確かに…懸念していた年齢との違和感はありません。
付けた感じ肌なじみもいいし、普段使いにちょうどいい感じ!
このちっちゃな赤がポイントになってかわいい。

あとこれからの季節、白ブラウスにこれをつけると映えますよ、と。
うーっ、それいいじゃないですか♪♪

しばらくこればかりになりそう(^^)
[PR]
by aco-007 | 2012-03-19 20:24 | ケータイ

本とタイミングと

読んだ本です。

『利他』瀬戸内 寂聴、稲盛 和夫
震災のことが中心になっている対談形式の本でした。
今、必要な本だと思います。
人のためにしていることが、自分のためになっているんだな、と。

『サウスバウンド』奥田 英朗
読んでみたいと思いながら、後回しになっていた本。
奥田作品は読み出すと一気に読んでしまいたくなるから、気合が必要なのです。
面白かったです、カンとかミンとか。
子どもの目線で描かれているのがいいですね。

『伝える力』池上 彰
有名な人だけど、著書を読んだのはこれが初です。
伝える力が低い人間なので(汗)、なるほど~と思いながら読みました。
読書もその力を養えるとのことなんですけどね(^^;
続編もあるのでそちらも読んでみたいです。

『光と影の法則』心屋 仁之助
なかなか新しい発想といおうか…ある部分は分かるなぁって。
苦手な人に対しての気持ちの持ちようや思考のクセみないなの。
だけどそれはどうかな、っていうのも割とあったな。

本に限らずどんなことでも鵜呑みにしないように、というのは心がけています。

『今日もていねいに』松浦 弥太郎
この人の本を読むと、当たり前のことがおろそかになっていることに気付かされます。
ていねいに生きることは簡単なようで難しく、難しいようで簡単なのかな…。
今まで読んできた作品とかぶるところも多いです。
考えが一貫しているところがいいなと。

確かに読書は旅と似てる。
どちらもある意味現実逃避だったり(苦笑)。
本はいつでも旅に出ることができるからいい。

あと本って必要な時に必要としている内容のものがやってくるのですね!
今のわたしにとても必要な本が絶妙のタイミングでやってきたので改めてすごいなって。

本に助けられることは数知れず。
どんな本でも出会うのには意味がある気がします。
人との出会いも同じじゃないかなと思っているところです。

出会いに感謝。
[PR]
by aco-007 | 2012-03-18 17:58 | 読書


ドラゴン・タトゥーの女』観てきました。
衝撃的な展開にドキドキ。
158分の映画なのにまったく長さを感じなかったです。

デヴィット・フィンチャー監督さすがです。
映像が素晴らしくて、どの作品も例外なくその世界に引き込まれます。
オープニングがすごくかっこよかったなー。
映像と音楽がぴったりで、ぞくぞくする感じ。
もう一度観たい。。

内容には触れませんが、まぁ何と言ってもこの作品はルーニー・マーラが素晴らしい!!
彼女あってこそですね。

表情がとてもいい。
役があまりしゃべらない設定だったから表情だけで表現するシーンも多かったけど、
見事に表現していましたねー。
眼で語る語る!
リスベットが憑依しているんじゃないかっていうくらい。

ラストの切なげな表情がなんとも言えなかったです。
あの眼がしばらく頭から離れなかったです。

あとすごくセクシーなんですよねー。
といってもグラマーなセクシーさじゃなくて、醸し出す雰囲気がね。
ボディピアスやタトゥーで人を寄せつけないオーラ全開で、髪型も個性のかたまりなんだけど。
やせ形で小胸さんだしね。
なんだけど、内に秘めたかわいらしさや優しさが伝わってきて、そのキャップがいい!

f0156720_14571031.jpg


過激なシーンもあるしストーリーも重いので万人受けはしないだろうけど、観る価値はあります!
実はわたしサスペンス映画は苦手で、普段ほとんど観ないのですが(^^;
[PR]
by aco-007 | 2012-03-10 20:32 | 映画

焼肉

f0156720_134779.jpg

先日焼肉ランチへ行って来ました♪
数日前から無性にお肉が食べたくて、この日は焼肉!と決めていました。

ひとり個室で。
おとなです(笑)。

お味はもちろんウマウマでした(´ψψ`)
[PR]
by aco-007 | 2012-03-10 13:47 | ケータイ

ヤング≒アダルト


昨日この映画について綴っていると、パソコンがフリーズしてしまい全消しと相成りました(悲)。

気を取り直して。
ヤング≒アダルト』観て来ました。
これは『JUNO』と同じ監督と脚本家ということで、必ず観に行こうと決めていました。
『JUNO』はわたしのお気に入りの作品だったので。
予定調和じゃないのがよかったんですよね。
これもヒロインがシャーリーズ・セロンだし、かなり期待して観に行きました。

いろいろな感想でヒロインが痛いというのは聞いていたんだけど、相当な痛さでした。
若い女性向けなのかなぁ。
「こんな風にはなりたくないよね」と終わった後に言いたくなるような。
でもこういう痛さって誰しも持っていて、危うかったりもするんですよね。

美しくて学園のマドンナだった人は大人になってからの落差が激しいと苦しみも大きいだろうな。
だけど女性に限らず過去の栄光にすがっているおじさんも多いからね。
男女関係なく“昔自慢”は…ね。

そういえばこの映画の公式サイトで森直人さんという映画評論家が
皮肉なようで、結局痛快。
「ずっと好きだったんだぜ」と歌うのは、
やっぱり女よりも男の方だと思うのです。


というレビューを載せていたのですが、まさしくその通り(笑)。
きっと女性はその人を好きだったわたしが好き、なんですよね。

この映画はやっぱりシャーリーズ・セロンだからこそですね。
『モンスター』の化けっぷりもすごかったけど、これもなりきってましたねー。
やることなすこと滑稽で笑っちゃうんだけど、寂しい感じがうまく表現されていました。
美しいだけによけいに寂しくもあり、悲しくもあり。

キティちゃんのTシャツで薄汚れたミニクーパーに乗って、元彼との思い出の曲を聴く
イタすぎるアラフォーを見事に演じていました。
あの埃の積もったミニクーパーはヒロインの心情を表していてすごい!

オタク同級生の妹ちゃんには救われたよね。
とネタバレ気味ですが。

あんまりこのブログ読んで観る人もいないかと(苦笑)。
ファーストディだというのに数えるほどしか入ってなかったからなぁ。

ネタバレついでに
[PR]
by aco-007 | 2012-03-03 11:10 | 映画

ハナレグミライブ

今週ハナレグミのライブへ行ってきました。

何度かお芝居を観に行ったことのある劇場で、ここでライブ?という感じだったけど、
まるでお芝居のような素晴らしい空気感を作り上げていました。

ハナレグミのライブは何年ぶりだろう…というくらい久しぶりでした。
言うまでもなく昔観たときよりずっとパワーアップしていました!
ほんっとにステキなひとときでした♪

あの声はあたたかな気持ちになりますね、やっぱり。
優しさと力強さをあわせ持っていて、こころに響いてくるのです。
陳腐な表現しかできないけど、感動でした。

今回実はハナレグミつながりのお友達に誘ってもらったのです。
ライブ前に「絶対泣くけど気にしないでね」とお互いに言いあってたんだけど、
始まると案の定自然と涙がだぁーっと。

しあわせな時間だったなぁ。。ありがとう053.gif
[PR]
by aco-007 | 2012-03-02 21:28 | 音楽