日々のあわ acococoa2.exblog.jp

来たるべき日々を余すとこなく見据えたいんだ


by あこ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

本のこと

読書録です。

『ノルウェイの森 上』
『ノルウェイの森 下』村上春樹
ついに村上春樹さんに手を出してしまいました(笑)。
初・村上春樹なら、やはりここからかなと。

あまのじゃくなので話題になっているときに読むのは抵抗あるんですよね^^;
感想ですが、これはもう完全に男性のファンタジーですね。
といいますか、わたしがほぼレイコさんの年齢なわけで(汗)。
若い時に読んだら、もっと違っていたのかなぁ。うーん。
ちなみに直子より緑のほうが数倍魅力を感じましたね。

これの映画化はどうなんでしょうね~。
直子が菊池凛子さんっていうのも驚きましたが。

『月のしずく』浅田次郎
久しぶりに浅田次郎さんが読みたくなったので購入してみました。
この作品もややファンタジーというかメルヘンタッチというか、そういう作品が多かったです。
ひとくくりには出来ないけど、男性作家の方がわりと夢見がちで女性作家の方が
現実的だなと思いますね。

短編集ですが、やはり泣かせる浅田作品といった印象ですかね。
方言とか風習とかも細かいところまで研究されていますね。

『鈍感力』渡辺淳一
何事も鈍感なほうが生きやすいよ、と。
まぁそうかもしれないけど、そうしたくても難しいこともあるのですよ。
それで悩んでいる人も世の中大勢いるわけで。
人の気持ちにまで鈍感にはなりたくないな。

『王国 その1アンドロメダ・ハイツ』よしもとばなな
ばななさんの作品の中では読みにくいお話でした。
残念ながらわたし好みではなかったのか。。。
だけど雫石はいい子だし、何よりおばあちゃんが素敵です。

というわけで王国はその2、その3もありましたが今回は読まずでした。
機会があれば読んでみます。

『かけら』青山七恵
3つの短編が入っています。
最後の話が一番印象に残りました。
ただ、全体的に“薄いなぁ”という気がしました。

『仕事中だけ《うつ病》になる人たち』香山リカ
参考になるかなと思い借りてみましたが、特には・・・でした^^;

今回は読んでいて楽しい、読み進めたくなるような本は少なめでした。
わたしの集中力が低下しているだけかもしれませんが。

またいい出会いがありますように。

More
[PR]
by aco-007 | 2010-01-31 16:58 | 読書 | Comments(2)

お香とお気に入りの時間

f0156720_1243351.jpg

普段はアロマが好きだけど、お香も好きで時々たいています。

松栄堂の堀川は大好きでリピートしています。
スタンダードな白檀の香り。
他にも試してみたけど、堀川に落ち着きました。

香りは好みがあるからこれがオススメ!とは言えないけど、これはいい香りだと思います♪
こういう時間があるとほっとします。

他にはヨガをしている時間。
悪いものが出ていってプラスの感情を取り入れる感じ。
呼吸にあわせて、吐くときにマイナスのものを吐き出すイメージで、吸うときは逆に新鮮な空気やプラスのものを取り入れるイメージで。
ヨガのアーサナの最後にこの呼吸を意識してみます。
これでずいぶん違ってきます。

熱いミルクティーを飲みながら、しばしぼーっとする時間。
本を読んだり、手帳に書き込んだり。。

月に一度のエステの時間。
もろもろを取り去ってチャージする感じ。
ゆっくり自分をいたわる時間ですかね〜。

散歩している時間。
自分の内側について考えます。
お気に入りの音楽を聴いていると、ちょっとしたアイデアが浮かんだり。

今はあまり時間がなくて、なかなかゆったりできないのですが、時間を見つけて好きなこと楽しんでいます♪
[PR]
by aco-007 | 2010-01-30 12:43 | ケータイ | Comments(2)

たいへんよくできました

映画『ゴールデンスランバー』よかったです。面白かったです。

堺雅人さんすら知らないわたしでしたが、本当に楽しめました。
2時間以上ある映画でしたが、最後まで飽きさせません。
原作読んでいなくても楽しめます。

人気作品の映画化流行りでなんかあまり観たいと思わなかったんですよね。
でも、これはせっちゃんの音楽なので観たい(聴きたい)なぁと思っていて。
大阪城ホールで流れていた予告編もかっこよかったし。

試写会に応募したら当選したので、伊坂作品を読んだこともなく、せっちゃんもほとんど知らない友達を
誘って観に行ってきました。友達は友達で「堺雅人を知らんて嘘やろ~」と言っていましたが^^;
伊坂さんを知らなくても堺雅人さんを知らなくても十分に楽しめる作品です。
といいますか、堺雅人さんっていいですね。
すごくかっこいいというわけじゃないけど、雰囲気がある役者さんというのかな。
あの優しげな表情が青柳さんにぴったりでした。

原作が好きだと“違うのになぁ”というのはよくありますが、この作品は原作の良さをいかしていて
がっかりは非常に少ないです。詰め込み過ぎでもなく、主要な部分はきちんと描かれていて、
ほんとよくできた脚本ですね。
ロックな先輩もキルオも違和感なくて、うまいなと思いました。
あえてひとつだけ言うなら全体的に笑いが多かったですね。
もう少し感動的でもよかったかもしれないな、と。

そしてせっちゃんの音楽。よかったです。
『ゴールデンスランバー』は全て英語なので、やや厳しいかもしれませんが(汗)。
この場合日本語っぽい英語が逆によかったのかな、と思いました。
作品の中でこの歌はキーになっているのですが、流暢な英語の歌よりいいな~と思いました。
単なるファン心理かも(苦笑)。エンドロールは『幸福な朝食 退屈な夕食』のセルフリメイク。
これもすごくかっこいいです♪♪
というわけで大満足でした。
30日から公開なので、よかったらぜひご覧になってください←まわし者みたい(笑)
[PR]
by aco-007 | 2010-01-26 12:14 | 映画 | Comments(4)

ゴールデンスランバー

f0156720_16165733.jpg

試写会当たったので、行って来ます♪
[PR]
by aco-007 | 2010-01-23 16:16 | ケータイ | Comments(0)

大好きな2作

いつか紹介しようと思っていたお気に入りの映画2本です。
『ビフォア・サンライズ恋人までの距離(ディスタンス)』と『ビフォア・サンセット』
1作目と2作目は作りが全然違っていて、そこもまた面白いです。

2作目ではジュリー・デルピーがとてもきれいで、いい歳の取り方しているなという印象でした。
逆にイーサン・ホークは離婚後のせいか(?)ずいぶんやつれた感がありましたね。
1作目がかっこよかっただけに「老けたなぁ」という印象が強かったです(笑)。
この作品でふたりは噂になったらしいですが。。

なにがそんなにいいかというと、1作目は若いふたりがお互いに魅かれあっているのだけど、
時間がなくてもどかしくて、とにかく切なくて。。。
その雰囲気がウィーンの街並とあいまってぐっとくるのです。

そして続編。
9年後二人はパリで再会します。
これはまた趣が違っていて、ほとんどふたりの会話だけの作品になっています。
このやりとりがとても面白いです。これすごく好きです。
パリ市内もすごく素敵。

サンライズとサンセットというのもいいよね。
最初日本では『恋人までの距離(ディスタンス)』という題だったのです。
2作目が出てから『ビフォア・サンライズ・・・』となりましたね。

この2作を観ると、素敵に歳を重ねられるんだな~というのと、
人生に恋愛は必要なのかな、と思っちゃいますね。
恋愛かぁ(苦笑)
でもいろんなカタチがあるよね。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


ビフォア・サンセット [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


[PR]
by aco-007 | 2010-01-22 13:06 | 映画 | Comments(3)
よしもとばななさんの本から引用

少し前は失ったものを嘆いてばかりいたが、今となってはなにも失ってなんかいなかったことがなんとなくわかる。
自分の体と心と魂、それを持ってさえいれば、欠けるものはいつでもなにひとつなくて、どこにいようと同じ分量の何かがちゃんと目の前にあるようなしくみになっているのだ。
もしそう感じられないのであれば、それは本人の問題に過ぎない。


本人の問題に過ぎないと、ばななさん言い切っていますがどうなんでしょうね。
もちろん本人の問題もあるんだろうけど。

わたしは心身と魂のバランスの取り方はヨガで知り、ずいぶん楽になった気がする。
でも対処できないことだってある。
予測できないことが起こるからね。

失ったものはないと断言できないけど、ないものをないと嘆くより、今あるものに感謝したい。

ありがとう。
[PR]
by aco-007 | 2010-01-19 21:15 | ケータイ | Comments(2)

ほっ!

ようやく回復してきました001.gif

掃除に洗濯、カットにも行ってすっきりです♪
うれしい。

髪はめっちゃぼさぼさでした^^;
くせ毛なんですよね。
伸びてくるとまとまらないんです(泣
くせをうまく活かしている人を見るとすてきだな~と思います。

近いうちに免許の更新なんで、早くカット行きたかったんですよねー。
またひとつ歳を重ねるわけですな。

「自分へのごほうび」という名のお買い物(ただの散財ともいう)や、
諸々計画中です☆
[PR]
by aco-007 | 2010-01-17 13:26 | 暮らし | Comments(4)

胃腸炎

f0156720_22391495.jpg

健康第一と祈って数日、新年早々ダウンしていました。
胃腸炎です。
これで多分4回目です(涙
今回も嘔吐と下痢と発熱で、薬飲んで水分摂ってひたすら寝ていました。

今流行っているらしいです、ウイルス性の胃腸炎。
みなさまもお気をつけください。

ヨガは行けないし、カットにも行けないし、いいことないですわ。
そういえば、昨年から漢方復活して飲んでいます。
ツムラの人参養栄湯です。
なんか効きそうな名前じゃないですか♪
番号が煩悩の数と同じなのは無関係です、きっと(^o^;
[PR]
by aco-007 | 2010-01-14 22:39 | ケータイ | Comments(2)

あの時の気持ち

過去の記事で離婚に至るまでの経緯は非公開にしています。
一番の理由は感情的で読みづらいことですかね。
 
一応本人としては一連の出来事を冷静に記録しておこうと思っていたんだけど、
読み返すとめちゃくちゃ感情的で自己憐憫に浸っている(恥)。

隠すつもりはないんですけどね。

元夫に好きな人ができた。
それを隠して(わたしに落ち度があったことにして)別れようとした。
でも明らかに彼女がいたのが分かったので、納得できずに調停を申し立てた。
最終的に彼女の存在を認め、双方合意の上調停離婚が成立した。

端的に言えばこんな感じです。
でもここに感情が入ってしまうからややこしくなってしまうんですよね。

あと年金分割制度のこともずっと書こうと思っていたんですが。。。
知らない人多いかもしれませんが、こういう制度は活用して損はないですよ。
照会をかけたり按分とか決めないといけないし、手続きが面倒なんですけどね。
だけどたとえ小額でも将来もらえる年金が増えるわけで。
調停員には「長い目で見ればこれも慰謝料なんだよ」と言われました。

感情的にならざるを得なかった過去の出来事ですが(苦笑)
でも、あの頃があっての今のわたしなんですよね。

どんなことでも無駄にはならないはずだから。。。
もっと客観的に振り返ることができるようになったら、また別の形で残しておこうかと
思っています。
[PR]
by aco-007 | 2010-01-10 21:58 | 離婚 | Comments(0)

こんなのも

f0156720_2352130.jpg

アロマのセラピストさんに借りて読みました。
お世話になっているセラピストさんはとても腕がいいのですが、やはり勉強熱心ですね。
タラソの勉強もしていて施術にも取り入れています。
アロマやフラワーエッセンスなど、ためになりそうな本を「よかったらどうぞ」と貸してくれます。

しかしながら、奥が深くて(^^;
かなりマニアックな世界かも。
つくづくわたしは施術を受ける側の人間だなと思います。
[PR]
by aco-007 | 2010-01-07 23:05 | ケータイ | Comments(0)