2007年 10月 19日 ( 2 )

ヨガとの出会い

妊娠するために良いと言われることは本当にたくさん試したけど、報われないことがあるという
事実だけははっきりとわかったあこです。

サプリを飲んだり、鍼灸に通ったりはもうやめてしまったけど、ヨガはずっと続けています。
ヨガは妊娠に悪いとされる冷えを治したくて教室に通い始めたのがきっかけです。
妊娠はしなくとも、冷えは格段に良くなりましたョ。

ヨガを始めてよかったのは、こころの安定が一番大きいかもしれません。
それには呼吸がとても重要なのです。
気持ちが不安定だったり余裕がないときは自然と呼吸は浅くなってるのですが、そういうときに意識して腹式呼吸をするだけでもかなり違ってきます。

ヨガのアーサナ(ポーズ)は緊張と弛緩を繰り返すことで、交感神経と副交感神経のバランスを
うまく保てるようにしていくので、し終わったあとはリラックスしてるのが分かります。
その日の気分や状態がヨガをしているとわかってくるので、ヨガと出会えたことはホントに
よかったなぁと思ってます。
以前はしょっちゅう風邪ひいていたのに、ほとんどひかなくなったし。。。
体調面、メンタル面、そして体型の維持(!)のためにも続けていきます。
[PR]
by aco-007 | 2007-10-19 13:42 | ヨガ | Comments(2)

子どものこと

結婚して1年ほど経ったころから本格的に子どもが欲しいと思うようになった。
でもなかなかできなくて病院へ通って、不妊治療をした。
ずっと通ってるとすごくストレス感じるようになって、しばらく休んでまた通って・・・という感じで
2年くらい続けていたと思う。

今思えば今年の始めに病院を変えて、本格的な不妊治療専門のクリニックに通い出したことが
結果的に今の状況を作ったんだと分かる。
専門というだけあって、かなりドライでとにかく妊娠しさえすればいいという雰囲気に夫が
疲れてしまったというか。。。病院としては当然のことだったんだろうけど、夫には違和感が
あったようで、そのうちに夫が「子どもはいらない」と言うようになって。
私たちはタイミング療法だけだったのだけど、医者に「この日」と言われることがストレスに
なってしまった、と。ちょうど夫の仕事が忙しくなった時期で、ステップアップを薦められた
時期が重なってしまったというのも嫌になった要因だと思う。
私はかなりショックを受けたし、まだ続けたい気持ちはあったけど、夫の気持ちを尊重して通院をやめた。それが今から半年前の出来事。

不妊治療していたときは、本当に毎日婦人体温計を見て必死だった。
まさに一喜一憂していた。憂のほうが圧倒的に多かったけれど。
そういう意味でのストレスは感じなくなった。
また別のストレスに悩まされることになったけど・・・。
治療を止めたことは、現時点ではよかったと思ってる。
私は執着をもちすぎるきらいがあるから、かなりつらかった。
子どもが欲しいという執着は、ひとまず小さくなった。

もうずっとこのまま子どものいない暮らしなのかもしれない。
半年経って、今なんとなくそんな気がしている。
それでもいいかなと思う気持ちと、子どもを産み育てるということに対する憧れのような
気持ちが入り交じる。何にせよ“執着”はよくないなと思う今日この頃。。。
[PR]
by aco-007 | 2007-10-19 12:15 | 気持ち | Comments(0)

来たるべき日々を余すとこなく見据えたいんだ


by あこ
プロフィールを見る
画像一覧