残っているのは秋

ひとり暮らしの部屋ではじめての季節を冬、春、夏と過ごしてきました。
残すのは秋だけに…早いなぁ。
物件探しをしていたのは秋がもうすぐ終わって寒くなるころでした。
母の病状が悪化する中での部屋探し。
本当にせつなかったな。

いくつか見たけど、一番気に入ったのがいまの部屋。
とにかくいいなと思ったのが、周辺が静かだったこと。
歴史があるところでわたしの好きな古い建造物や寺社があって、不思議と落ち着いた気持ちになったのです。
実際住んでみてもやっぱり居心地のいい部屋なんです。
めっちゃ狭いし夏はサウナ化するのだけどね(^^;

はじめて物件を見にきたときに近くにある大きな銀杏の木がきれいに色づいていて、見とれてしまったのを思い出します。
今年の秋に銀杏を見るのが楽しみなのであります♪

予想以上に充実したひとり暮らしですが、難点は料理。
どうしてもひとり分以上に作りすぎてしまうし、食べ過ぎてしまう。
アルコールも摂取するから、どんどん身体がまんまるになってきました。
これはまずい!!と週に何日かは散歩をしている今日このごろです。

周辺は緑もあって古い家屋に見とれてしまいます。
だけどあんまりお屋敷みたいな家をジロジロ見ていたら怪しいひとと思われてしまうから気をつけないと!
ほんとここに決めて正解だったなぁと思いながら歩いています。
まさに直感だったなぁ。
f0156720_15433038.jpg

[PR]
by aco-007 | 2014-08-30 21:42 | 暮らし | Comments(0)

来たるべき日々を余すとこなく見据えたいんだ


by あこ
プロフィールを見る
画像一覧