日々のあわ acococoa2.exblog.jp

来たるべき日々を余すとこなく見据えたいんだ


by あこ
プロフィールを見る
画像一覧

左と右

たまーに「あれ、左利き?」と聞かれることがあります。

そう、ちいさいときは何でも左の正真正銘の左利きだったんですよね。
幼稚園から小学校くらいのときに右に矯正されたので、字を書くのもお箸も包丁もだいたい右です。
だけど無意識にモノを取るのは左だったり、歯磨きや球技も左でしかできない。
ご飯食べに行ったとき、パンをちぎって口に運ぶ手も左だったり。
無意識レベルと本能レベルは左、テクニックレベルは右なのかな。
テクニックっていうほどのモノもないけど(苦笑)。

特別不便なことは何もない。
けど、ずっと思っていたことは…
もし自分に子どもができ、その子が左利きでも矯正はしないってこと。
いやもうそんな可能性もないのだけどね(^^;

矯正はちょっとしたトラウマだったりします。
左手でお箸を持っていたら、父親に何度も何度も叱られたので(T_T)
もちろんよかれと思ってしてくれたことなんだけど、恐怖の矯正でしたねー。
うちは両親も兄も右利きだから、困惑したんだと思う。

いまだに困るのが、すごくすごくびっくりされるんだけど…
左と右が分からないこと!!
お箸持つ手が右手、お茶碗持つ手が左手って教わったためにすっかり混乱しちゃったんでしょうね。
持ちやすい方で持つと怒られるっていうのがあって、ちょっとしたパニックになってましたね。

なので教習所で右折とか左折と言われてもとっさにどちらかが分からなくて大変でした。
少数派過ぎてほとんど共感得られないんだけど(汗

もちろん便利なこともあるのですヨ♫
①フライ返しは左右どちらでもOK!
あめ色玉ねぎとかじっくり炒める系はとっても便利です(^^)

②メイクも左右どちらでもOK!
眉を整えるのもマスカラも持ち替え自由です。
利き手じゃない方はやりにくいらしく、結構いいねと言われます。
ただこれとメイク上手とはまた別のハナシみたいです(^^;
[PR]
Commented by eriarie at 2012-09-12 00:50
それは将来脳梗塞で半身麻痺とかなった時に決定的に有利かもしれないね。
そんなことは想像したくないだろうけれど(笑)。

つい何かを叩く時は左かな?
Commented by aco-007 at 2012-09-12 21:12
*eriarieさん*
まさにわたしの祖母は脳梗塞で右半身麻痺になったのです。
慣れない左手を使ってつらそうにしていましたね(涙)

叩くのも左ですね~。力も左の方が断然強いのです☆
by aco-007 | 2012-09-11 21:50 | 気持ち | Comments(2)