恋愛の持続性

離婚経験から感じるのは、恋愛というのはそんなに持続性のあるものじゃない。
恋愛の一番いい時期は期間限定なんだよね。
それでも恋愛の後に続く長い結婚生活は思いやりや気遣いや、愛情やいたわる気持ちがあるから
やっていける。

一方にその気がないなら、その結婚生活は本当のところその時点で終わっているんだろう。
わたしの場合、二年前の今ごろもう気持ちは彼女側に移行していて、夫婦としては終わっていたんだな。

弁護士が相手方とやり取りするようになってから「相手方はあこさんに愛情がある」と何度か言われた。
わたしにすれば「え?どこが」という感じだった。

おおかた彼の演技だったんだろう。
あとの少しは・・・罪悪感とほんのちょっとの情かな。
本当のところはあの人にしか分からない。
そもそもあの人に罪悪感なんてあるのか。
いまだにわたしのケータイが解約されていないのは、なぜなのかも分からない。
不倫の陶酔感もわたしには分からない。

とにかく気持ちはそんなに長くは続かない。
恋愛当初の万能感も、だんだんと薄れていく。
これは誰だってそうだろう。

彼らが一緒になっても、わたしに嘘をついて会っていたころのような感覚はもう味わえないだろう。
意地悪な意味ではなく、ただそう思う。
彼らに関係なく“揺るぎない幸せ”なんてないと思っている。

わたしはこの先、恋愛できるのかな?
結婚はもうしたくないけど、恋人はいつかまた欲しい。
人を信じるところからはじめていくのか。道のりは険しいな(笑)。
でもどこか清々しいのはなぜだろう。
[PR]
by aco-007 | 2009-05-10 14:38 | 気持ち | Comments(0)

来たるべき日々を余すとこなく見据えたいんだ


by あこ
プロフィールを見る
画像一覧